化学の出題の傾向

化学の出題の傾向

化学の出題の傾向 医学部に入学を希望している人にとっては、どの科目でも満遍なく高得点をとることが求められています。その中でも特に、化学は非常に大切な科目です。化学の出題傾向としては、基礎はもちろん応用問題まで幅広く網羅していますので小手先のテクニックだけでは通用しません。そのため、事前にしっかりと計算問題から考え方の理論や穴埋め問題まで反復練習をしておくことが肝心といえます。
医学部受験では、物質名や定義などの特殊な用語を頭に入れておかなければなりません。理論から暗記を始めることによって、短期間で効率的に専門知識を習得することに繋がるのです。さらに、単位に気を配っておくと計算式にもスムーズに対応可能です。このように、医学部受験に成功するためには、科目ごとの出題傾向をしっかりと分析して対策を練っておくことが何よりも重要といえます。図説や資料集を用いて視覚的に色味や形を覚えておくと、記憶が残りやすく特典アップにも結びつくのです。

合格するためには基礎力が必須

合格するためには基礎力が必須 医学部合格には高い学力が必要です。しかし、やみくもに長い時間をかけて受験勉強をしても残念ながらあまり学力はつきません。大切なのは知識の土台となる基礎をしっかり固める事です。
特に自分が苦手だと思っている分野は、基礎が身についていない状態であるといえます。そのような状態で応用問題に取り組んでも意味がありません。勉強がただ辛いだけです。まずは自分の弱点や理解度を知り、知識の土台を作りましょう。必要であれば小学校、中学校で習う領域まで戻って下さい。自分の弱点を知るということは、自分のできていない部分、弱い部分と向き合うということなので落ち込むこともあります。ネガティブな感情に負けず、ここでしっかり克服していくことが強い土台を作り、医学部合格の近道になります。強い土台があれば様々な応用問題にも対応する力がついてきます。医学部の受験では土台ありきの難解な応用問題ばかりです。まずは自分の土台作りを意識して勉強してみてください。